BLOG,  座位,  消化不良や胃炎を緩和,  疲労の緩和

アルダ・マツィエンドラアーサナ(半魚王のポーズ)

Ardha Matsyendrasana

ポーズの効果

脊柱に沿った小さな筋肉群をほぐし、消化を促進します。脊柱をねじると椎間板と仙腸関節に効果があります。この動作で小腸における健全な消化管運動(蠕動ぜんどう)を促す効果があります。

アルダ・マツィエンドラアーサナの手順

① 長座の姿勢で座り背骨を伸ばします。右膝を曲げ、右足裏を左の膝の外側におきます。左足のかかとは右側のおしりつけます。

②右手は右腰の後ろ、左肘をは右膝の上におきます。

③背骨を伸ばし、息を吸って頭頂部を高く持ち上げ、吐く息で状態を後ろにねじります。

④吸う息で背筋を伸ばし、吐く息で気持ちが良いと感じる程度にねじりを深めます。

⑤呼吸を繰り返し、反対側も同様に行います。

ポーズの注意点

椎間板の故障や骨祖しょう症がある場合はあまりねじり過ぎないように注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です